調査件数5,102件 スタッフ数14人 調査車両368台 拠点数124ヶ所 お客様満足度96% テレビ・マスコミ出演実績

盗聴器の発見

盗聴・盗撮の現状

盗聴・盗撮なんて自分たちには関係ないと未だに思われている方が、大多数だと思いますがそれは大きな間違いです。

盗聴器・盗撮器の販売個数は、年間40万個以上と言われています。
それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。
盗聴は、産業スパイや映画・小説の中だけの話だと考えがちですが、実際には盗聴器・盗撮器ともに、一般のご家庭に取り付けられ半数を占めています。


アパート・マンションに一人で住んでいる女性に対し、彼氏や元彼、ストーカーなどが勝手に取り付けていくという事例も多くありますし、ホテル、職場、公衆トイレ、階段下などで盗聴・盗撮は行われています。
しかし、盗聴・盗撮を取り締まる法律は、未だに制定されてはいません。


盗聴・盗撮という行為自体は、
「盗聴罪」
「盗撮罪」
が無い事もあり、現状では、現行法の電波法、電気通信事業法、有線電気通信法又は知りえた情報で特定の法人・個人に損害を与えた場合の民事上の法律で対処することになります。


警察に捕まらなくても個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪のようなものです。
簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。
法人企業やお店の場合は業務上の情報を盗聴器によって盗み聞きされているかもしれません。

あなた様のプライバシーを守る為にも、盗聴器・盗撮器併せてご相談、ご確認されることをお勧め致します。

アナタの私生活は大丈夫ですか

  • 前の入居者のときから設置されている盗聴器があるかもしれないことを知っていますか。
  • 泥棒や空き巣に何度か複数回入られている方、盗聴器がつけられているかもしれません。

  • もし盗聴器があったとき、発見専門の業者では調査はできません。
    当探偵社であれば事態を把握した上で必要な調査の提案が出来ることが安心のポイントです。

盗聴・盗撮のチェックポイント

基本的に「盗聴器」「盗撮器」という機器は存在しません。
録音機材やワイヤレスのマイク・カメラなどの情報収集機器が盗聴・盗撮行為によって「盗聴器」「盗撮器」と呼ばれているのです。

盗聴・盗撮の可能性。思い当たる事はありませんか?

  • 誰かに見られているような気がする。
  • 自分しか知りえない事を、第三者が知っている。
  • 家(部屋)の近くに不審な人や車を見かける様になった。
  • 金銭や人間関係でトラブルを抱えている。
  • 最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。
  • 電話中やテレビを見ている時に、雑音やノイズが入る。
  • 最近引越しをしてきた。
  • 照明器具は前から取り付けられていたものである。
  • 鍵を引越ししてきた時のまま使用している。
  • 泥棒に入られたことがある。
  • 買った覚えのない延長コードやコンセント機器がある。

複数、思い当たる方は盗聴・盗撮されている可能性があります。
ストーカーや他の犯罪に発展する場合も考えられます。
少しでもおかしいと感じたら、早急にご相談下さい。

建物の広さ = ㎡(1坪=3.31m2=約2畳)
円(税抜)円(税込)盗撮器調査は+10,800円

※調査する建物の広さを入力し「盗聴発見いくら?」をクリック

調査事例

ある女性から電話があり「中傷文が送られてきた。」内容は本人しか知らない内容ばかり。
盗聴の可能性が有り女性のマンションを調べてみることになった。

解決方法

外が暗くなるまで
捜しても盗聴器は見つからない。
女性が部屋の電気をつけた瞬間、電界強度計の針が振れる。
何かの電波をキャッチしたのだ。
室内盗聴の危険が高まっている為、慎重に音を殺しながら室内の調査を行う。


数分の後、寝室から盗聴器が発見される。
盗聴器は男友達からプレゼントされたぬいぐるみの中に入っており、最新式の携帯電話型盗聴器で、いつでも好きな時に盗聴できる代物だった。
室内の明かりが灯った為、犯人は対象が帰宅したとでも思ったのだろう。
それでスイッチを入れたのだ。その後ご依頼者様との協議の上、警察に被害届けを提出し、無事解決の運びとなった。

トップへ戻る