調査件数5,102件 スタッフ数14人 調査車両368台 拠点数124ヶ所 お客様満足度96% テレビ・マスコミ出演実績

盗聴器の発見

盗聴器発見業者を選ぶ

盗聴器発見業者を選ぶ

ここでは、みなさんが「もしかしたら誰かに盗聴(盗撮)されているかも」と思った時、お願いする業者がきちんと仕事をしてくれる(できる)所なのか、判断の参考になればと思います。

Point1住所や連絡先

  • 所在地や責任者の氏名がはっきりしている
  • 電話やメールなど、複数の連絡方法がある
  • 営業時間内であれば、きちんと電話に出る
  • 非通知(184)であっても電話に出てくれる

責任の所在を明確にしていない業者はまだ多いということです。
もちろんメールアドレスだけで営業している中にも、優良な業者さんはいます。
プライバシーに関わる仕事だけに責任の所在は明らかでなければなりません。
こういった条件を満たす業者であれば、少なくとも契約時のトラブルは低いでしょう。
多少お金はかかりますが、大手信用調査会社の有料データベースで業者の信用情報を所得する方法も一つの判断材料になります。

Point2料金体系

    建物の広さ = ㎡(1坪=3.31m2=約2畳)
    円(税抜)円(税込)盗撮器調査は+10,800円

    ※調査する建物の広さを入力し「盗聴発見いくら?」をクリック

  • 料金体系が明らかになっている
  • 最終的な支払い総額を見積りしてくれる

但し、業者によって、料金体系や課金基準が違いますので契約時に確認しておいた方が良い内容をお知らせします。

  • 面積や間取りに合わせて料金が決まっている
  • 戸建、マンション、法人などで料金が決まっている
  • 盗聴器(盗撮器)を撤去すると追加費用がかかる
  • 盗撮器の発見調査は別途料金になっている
  • 営業時間外、深夜などに応じて追加料金がかかる

各社方針の違いもあり、どの体系が良いか悪いかの区別はありませんが、優良な業者の判断ポイントは、見せかけだけの「盗聴器発見調査10,000円」と言うような文句に惑わされず、あくまで見積りで出された金額は総支払額なのか、追加費用がかかる場合はどういう時なのかを、契約時にはっきりさせてくれるかどうかで判断すべきでしょう。

注意が必要な業者とは

Point1不安心理を利用する

  • あなたのプライバシーは筒抜けですよ
  • お金を惜しんで、人生を狂わせるのですか
  • すぐに調査しないと手遅れになりますよ

など脅迫的な言動で契約を急がせようとするのです。きちんとした業者ならば、お客様の話を聞かないうちにから不安を煽るような言動はしません。
じっくり相談に乗り、盗聴の知識の不足や間違いがあれば説明をし不安が解消されなければ調査するというのが普通の姿勢です。
契約を急がせるような態度には、一度相談を打ち切って冷静に考えてみた方が良いかもしれません。

Point2その他に注意すること

  • いきなり訪問してくる盗聴発見業者
  • 現場に第三者を立ち合わせない業者
  • 能力が低いのに近いからというだけで業者を決めない
  • 絶対に盗聴器がある、盗聴されていると断言する業者
  • 数千円の簡易ハンディ受信機しか持っていない業者

こういった手口は悪質というより詐欺と言えます。
存在していない盗聴器を、その業者が持ち込み、そして「発見しました」と依頼者に盗聴器を見せて、発見報酬を請求するのです。こんな手口を使う業者ですから、当然、法外な請求をしてきます。


本来、依頼者の許可(はずして欲しいかもしれませんが)なく勝手に取り外すようなことはしませんし、 本当に仕掛けられていたかも確認できません。
盗聴器があったら警察に相談をお勧め致します。被害届を出すか出さないかは相談してから決めても良いですが、
実際に依頼する時は料金の安さだけでなく、調査能力やご依頼者様への対応などから総合的に判断して下さい。

違う!盗聴器発見専門業者と探偵社の盗聴器調査の違い

機材もまともに揃っていないのに盗聴器調査をうたう業者は省いていただきたいのですが、現状、盗聴器調査は探偵業の届け出が無くても出来る業務です。
そのため都道府県の公安委員会に届けのいらない発見専門の業者が出来ています。
全うな業者であれば盗聴発見については探偵業者でも発見業者でも大差ないかもしれません。
ただしアフターケアで大きな違いが出てきます。

チェック盗聴器が見つかった後のこと

  • 調べていなければ盗撮カメラは無いか確認
  • 盗聴器が発見されて今後の相談がしたい
  • 盗聴器を設置した人物に心当たりがある
  • 監視警護として一定期間自宅や自身の身辺の調査を頼みたい
  • GPSがつけられていないか確認したい

盗聴器などを発見した後の調査を出来るのは公安委員会に届け出ている探偵業者だけになります。
自衛のための防犯アドバイスは無料で出来ますし、当探偵社は盗聴器がなかった場合のデモンストレーション(実演)もしておりますので最初から探偵業者を選択する価値はあるのではないでしょうか。

トップへ戻る